(のがみ げん)1971年生まれ

 

w  所属

筑波大学 人文社会系 准教授

(筑波大学大学院での配置)
人文社会科学研究科 国際公共政策専攻 社会学分野

(筑波大学学士課程での配置)
社会・国際学群 社会学類 社会学主専攻

 

w  担当

(学士課程)

専門基礎科目: 「社会学基礎論」(3年に一度担当)

専門科目: 「歴史社会学」 「メディアと情報化の社会学」 「戦争と社会」(3年ごとに開講)
         「社会学研究法III(ライティング)」(二人で例年担当)
               
    「外書購読」(適宜担当)

演習科目: 「社会学演習I」(例年)もしくは「社会調査実習」(適宜担当)

卒論演習: 「卒業論文」「卒業論文演習」(例年)

総合科目: 「総合科目III(社会学入門――つながりを考える)」(リレー講義)

(大学院)

専攻共通科目: 「国際公共政策リサーチ・ワークショップ」(例年)

演習・講義: 「歴史社会学」「歴史社会学演習」「歴史社会学特別演習」(例年)

専門基礎科目: 「社会学基礎理論」(社会学分野の全教員によるリレー講義)

 

w  専門

歴史社会学、社会情報学、戦争社会学
             現在、特に関心を持っているのは、

@ 近現代日本における戦争の社会学的研究(戦時動員、戦争体験、戦争責任、戦争の記憶)
A パーソナル・コンピュータの文化社会史
B 日本内政史(内務省)の歴史社会学的研究
C現代の戦争・軍事、自衛隊への社会学的アプローチ(軍事社会学・戦争社会学)
D 歴史社会学の方法論(言説分析、社会学における歴史資料論、あるいは社会記述をめぐる諸問題など)
E 歴史認識・歴史意識の社会学
F 戦後思想・戦後社会史(@〜BおよびCDEによる社会史・思想史の書き換え)
  (占領期の言論空間、1960/70の文化政治など)

 

w  学歴/職歴

一橋大学社会学部 卒業
東京大学大学院人文社会系研究科社会文化研究専攻社会情報学専修 修士・博士課程修了
日本学術振興会特別研究員(PD
日本女子大学人間社会学部助手
筑波大学助教授を経て現職
タウソン大学(アメリカ合衆国メリーランド州)客員研究員(2015.4-2016.3
国際日本文化研究所共同研究員(2016.4-

 

非常勤歴

実践女子大学文学部「メディア論」、 日本大学文理学部「総合科目」
フェリス女学院大学国際交流学部「国際情報流通論」「国際情報処理演習」「現代文化論A
お茶の水女子大学文教育学部「現代社会論」、 東京大学教養学部「比較社会論」
中央大学文学部「国際比較メディア論」、 早稲田大学文化構想学部「現代人とメディア」
法政大学大学院社会学研究科「社会学特殊研究」、 東京大学文学部「社会学特殊講義」

 

w  学位・資格

修士(社会学)東京大学(1996)
博士(社会情報学)東京大学(2002)
専門社会調査士(2008)

 

w  所属学会・研究会

日本社会学会(専門審査委員)
日本マス・コミュニケーション学会(2013-2014企画委員)
関東社会学会(2006-2007研究委員、2007-2009理事)
戦争社会学研究会(2010-運営委員、2014-代表)
日本社会情報学会 、情報文化学会、生活史研究会