ヘッダーイメージ

本文へジャンプ

 

 

社会学者・野上元に関する情報です。(in English


キーワード: 歴史社会学/歴史の社会学(歴史意識の生成や制度化についての考察)、戦争と社会(動員/復員、体験/記憶、メディア/表象)、近現代日本社会論など

プロフィール

所属: 

筑波大学人文社会系

(教員組織) 准教授

人文社会科学研究科 国際公共政策専攻 社会学分野 (大学院担当)

社会・国際学群 社会学類 社会学主専攻(学士課程担当)

専門: 歴史社会学

    (詳しくは、こちら

研究活動・社会活動

単著
『戦争体験の社会学』
(弘文堂、2006年)

共編著
『カルチュラル・ポリティクス1960/70』(せりか書房、2005年)

『戦争社会学の構想』(勉誠出版、2013年)
             ほか
 
     (詳しくは、こちら

教育活動

・大学院

歴史社会学(講義・演習(例年)
社会学基礎理論(リレー)

・大学専門科目

歴史社会学(隔年)
メディアと情報化の社会学(隔年)
社会学演習/社会調査実習(例年)
卒業論文(例年)

・大学基礎科目

社会学基礎論(隔数年)
社会学研究法III(ライティング)


                  など


野上のメールアドレスは、こちら              その他アカウント↓
                                 hatenaブログ)、 twitterつぶやき
私を指導教員として希望し、筑波大学の大学院を受験する方へ。 

 

フッターイメージ